Event is FINISHED

ICT未来教育ERIKOサロン 第2回

Description

東京・大阪など複数の都府県に緊急事態宣言が出ている中、いよいよ小中学校においても1人1台の端末での学習やオンライン教育がスタートしました。子どもたちの未来に沿った教育をどう行う必要があるのだろうかが喫緊の課題となっています。

海外での先進事例では、オンラインを上手く組み合わせ豊かな教育空間ができているケースもあります。そこで、新しい時代に生きるためのオンライン・スキルについて、対談イベントを行います!

今回のゲストは、日本女子大学附属豊明小学校の田中栄太郎先生。そして、もうおひとりは、医師を目指して海外のハンガリーで医学部生の光井一輝さん。医学部生でありながら書道家である光井さんは、海外からオンラインを使って書道を教えています。
オンライン時代の学習はどういったものが良いのか、また、学校で、家ではどのようなことができるのか。具体例を明らかにしていくとともに、子どもの頃から身につけておきたいオンラインスキルについても深めて行きたいと思います。

<ゲスト対談者のプロフィール>

田中栄太郎氏:
日本女子大学附属豊明小学校教諭 研究部主任
1973年生まれ。早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒業。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。2002年から日本女子大学附属豊明小学校教諭として勤務。これまでに情報科、理科、社会科を主に担当。同校の情報科のカリキュラムの作成に携わり、プログラミング教育やICT教育の推進に尽力。学校や教科の垣根を超えて「未来の学び」を考える私立小学校のコミュニティー「192Cafe」にて、ICTを活用した実践などを発信している。
日本私立小学校連合会メディア教育部会全国運営委員長
ロイロ認定ティーチャー&シンキングツールアドバイザー
192Cafe ambassador

光井一輝氏:
Semmelweis Univ. General Medicine医学生、書道家/CEO/
・1996年 岡山県津山市にて誕生
・2002年 『書道研究温知会』に入会
・中学2年生で特待生を取得
・高校卒業後 上京し、中央区を中心に独立して個人で書の仕事を始める
・数多くの展覧会、競書大会で賞を受賞
・目黒・代官山等で個展開催
・その後、ヨーロッパのSemmelweis大学医学部に入学
・現在は、EU在住、日本に向けオンライン教室を開講、掛け軸・額作等の作成、 ラベルや名刺のデザイニング等、書を使った各種サービスを行う会社を所有し海外から発信。
また、靴のブランドよりデザイン依頼を受け、2021年度ミラノ・パリコレクション出展予定

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#995796 2021-05-01 08:40:29
Sat May 8, 2021
9:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンラインイベント参加費 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
ICT未来教育ERIKOサロン
34 Followers
Attendees
36

[PR] Recommended information